バースデーライブのご報告②バカ殿!?

キーストンクラブ東京でのバースデーライブ第2部では、誕生日パーティーだから?ということでHOOOMYが以前からやりたかったことを思い切ってやらせていただきました。それは昔から大好きだった志村けんさんの「バカ殿」の姿で歌うこと。オペラ歌手のコンサートで歌手がこんな姿で登場するなんて、誰ひとりとして予想していなかったようで、口をあんぐりと開けて驚いておられるお客様も、腹を抱えて爆笑されるお客様もいらっしゃいました。

 

普段は「癒しの歌を届けたい!」と公言しているHOOOMYですが、「笑い」はとっても重要な癒しの要素なのです。数年前に知って面白い曲だなぁ・・・と思っていた中村八大さんの「太陽と土と水を」、そして「あわの歌・つばさ&ほづみバージョン」を会場の皆様と一緒に歌わせていただきました。

 

サプライズ続きのコンサートはまだまだサプライズが!応援して下っているエンジョイグループのお友達がHOOOMYには内緒で「マツケンサンバ」に乗って登場!見事なダンスで会場は大盛り上がりとなりました。

 

そしてここでまたまたお父さんがステージに登場!沼津にある「花乃愛」さんよりHOOOMYに贈られた特製ゼリーを「あ~ん」と食べさせてもらいました。「お父さん、こんな姿で歌っている私を勘当しないでね~」とまたまた泣くHOOOMYでした。

 

さらにさらにサプライズは続き、いつもピアノの伴奏でお世話になっている原田緑さんから、HOOOMYのために作ったという曲をプレゼントしていただきました。緑さん、とっても素敵な曲を本当にありがとうございました。いつか歌詞をつけてみんなの前で歌いますからね。

 

そして最後はこんな姿のままですがHOOOMYのオペラ歌手としての本領を発揮し、プッチーニのトスカより「歌に生き、愛に生き」を熱唱させていただきました。バカ殿の姿で真剣な愛の歌を歌うHOOOMYとの違和感をいったいどう捉えたら良いものか・・・。オペラ界の人が見たら「なんだこれは!?」と目を丸くしてびっくりされることと思います。

 

多くのファンの皆様に愛に支えられて、2019年のバースデーライブは大いに盛り上がりました。まさにこのコンサートのテーマである「至上の愛」を体感させていただくことになった最高の一日となりました。本当にほんとうにありがとうございました。

それではその時の様子をダイジェスト版でお楽しみください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)